葛の花は夏から秋の季節に開花する植物

葛の花の原料になる植物は、マメ科に分類されている葛であり、多くは山野に自生しています。根茎は細長い状態で張り出して、急峻な山間部でも力強い状態で成長します。葉の部分は互生して、鮮やか緑色になるのが特徴です。夏から秋の季節にかけては総状花序を作り出して、縦長の状態の花を咲かせます。

葛の花の見た目は、赤紫色と藤色を合わせたような状態になっています。優美な紫色が際立っていることもあって、高貴な魅力も備えている花として、古来より珍重されてきました。根の部分と同じように、花の部分も有用な形で利用する文化があります。葛の花は秋の七草の一つに数えられていることもあって、山里に秋の到来を告げる植物としても親しまれています。立秋を過ぎてから山に登るときには、段丘崖などの場所に自生する葛の花を発見することがあれば、可憐な美しさに魅了されることでしょう。

葛の花の本場になるのは、かつては大和国と呼ばれていた奈良県です。この地域では葛の一大産地として、古来より名声を集めてきた経緯があります。根の部分は伝統的な加工を施すことによって、吉野葛という名産品になり、和菓子や日本料理で多用されています。あるいは、葛根湯などの漢方の材料として使われることもあるため、その用途は豊富ですが、葛の花の場合には二日酔いを防ぐために利用されています。さらに、ダイエット向きのサプリメントの材料としても使われるため、様々な季節を通じて需要がある植物です。
葛の花サプリを徹底調査│体重は減るの?効果は?口コミ大調査!はこちら